« 嗚呼!!伊藤源三先生 | トップページ | 情けない自民党 »

ブランド民主は美味しいでしょうか? 

2009.8.31

昨日は衆議院選挙。

民主党が300議席を超えて308議席で圧勝。

まあ、それだけのことである。

自民党はなぜ負けたか。

誰でもが負けて当然と思うほど印象が悪かった。

相場で言えばとんでもなく地合が悪かった。

小泉改革が悪かったんでしょうか?

いいや、それは大したことではない気がする。

年金問題のくすぶり。

大臣の政治資金と会計処理の問題があったこと。

なぜあそこまで不透明な弁明だったか。

松岡農水大臣の自殺や赤城農水大臣の更迭にまでなった。

参議院での敗北。

安倍首相の不甲斐ない退陣。

福田首相の大連立構想と自民党の確執と短命内閣。

そして昨年9月に麻生マンガオタク内閣誕生。

ほとんど同時に゛米サブプライム問題深刻化と世界経済の急降下。

そこに中川外相のローマでのゴックン記者会見。

そんな滑稽で求心力が無くだらしない自民党ぶりを見せ付けてきた。

国民は少子高齢化と年金問題、失業率の悪化、苦しい家計等に悩む。

見通しが見えない閉塞感。

ガソリン特別減税や特別給付金や高速料金やエコ減税など景気刺激策はあった。

しかし、この程度でもはや自民党への信頼感はこれで回復するはずが無い。

それなら民主党は信頼できるかというと何ら根拠は無い。

ブランド自民の青汁はまずくてもう飲む気がしない。

しかしまだブランド民主の青汁があるじゃないか。

今度はこれを飲んでみようかなということですね。

|

« 嗚呼!!伊藤源三先生 | トップページ | 情けない自民党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/306830/31186051

この記事へのトラックバック一覧です: ブランド民主は美味しいでしょうか? :

« 嗚呼!!伊藤源三先生 | トップページ | 情けない自民党 »