« 2008年12月 | トップページ | 2009年8月 »

オバマ大統領、ブラボー!!

アメリカ、おめでとう。
オバマ大統領、ブラボー!!
アメリカは“責任”ある新たな改革が実現できるだろう。
Yes,you can.だ。 
みんながやり放題の勝手主義を民主と自由のあり方とするのは確かにおかしい。
そこに責任が伴うべきことを忘れてきた。
Democracy and freedom with responsibility
なのだ。
自分の利益のためなら何でもあり。
金、金、金のいやらしい世の中。
情も容赦も無し。
そんなことが次々に明るみにジャンジャン出てきます。
アメリカはきっと解決します。
Yes,you can.
しかし、今の日本の首相は責任の自覚がありますか。
景気回復の抜本的要因をどれほど真面目に分析していますか。
今こそ日本人としてのありがたさを国民が感じることができるようでなければおかしい。
苦境の時期にこそ国家の存在意義が感じられなければならないはずだ。
日本国民の確固たる自覚と誇りを世界に示す民意を聞くことができますか。
日本人としてお互いに挨拶を交わしていますか。
お隣さんが同じ日本人として自覚し、一体感を持って暮らしていますか。
お話をしたり、聞いたりして、困ったことを助け合おうとしていますか。
競争もするが、助け合って生きていく社会が基礎だということを教えるべきだ。
徹底したその自覚形成こそが現代日本に欠けている。
事が起こったとき自分が何をすべきかを判断する術をもたないのはそのためだ。
一国の首相が緊急事態に対応できないから根は腐っている。
日本国民が正月に国旗を掲げない理由は国民としての自覚がない証だ。
私達は助け合わない、無責任な国民になっていませんか。
何の主体的判断基準を育成されていない非国民集団的国家の日本じゃないですか。
日本の前途は暗い。
徹底した無責任国家国民の日本に“責任”の意味が解る日は遠いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年8月 »