トップページ | 2007年7月 »

プラストミック標本

 6月28日10時、採血のため恵み野病院に行った。来週、動脈硬化検査の準備のためである。したがって、朝食抜き。採血が終わったら早速、病院の売店で巻き寿司を買った。368円也。ロビーで食べた。おいしかった。

 食べながら、以前から行こうと思っていた“新人体の不思議展”へ行くことにした。札幌メデアパーク・スピカで4月28日から7月1日まで開催されている(この人体の不思議展は全国的に過去開催されているみたい)。会場でで、骨密度と脳年齢を測定してくれるというので楽しみだった。それが目的だった。NHKの“ためして合点”間寛平が骨密度120パーセントで“目指せ寛平”である。

P504is06922 丁度、道庁の横を通り抜けて、正午過ぎに到着。会場はスピカの地下?だった。早速受付で1500円のところ1400円 となる割引券を提出して会場に入ってみると金曜日なのに思いのほかに賑わっていた。模型の人体が沢山展示されていた。たいして調べずに来たので、そう思っていた。もともと、これを見るのが主目的ではなかった。

 ところが、皆が感心している。「これ本物なんだってよ」。それで初めてパンフレットを眺めてみると“ホンモノの人体標本である「プラストミック標本」”と書いてある。信じがたかったが歩いてみているうちに様々な人体が縦に切られたり、輪切りになったり、血管網だけになったり、微細に切り刻まれているのは確かに本物の人体かなと思うようになった。

 この人体標本は確かに人体の構造が詳しく見れるかも知らんが、私は専門家ではないので、医学的な収穫は大してなかった。むしろよくも人体にプラスチックを浸み込ませて、こうした標本を作ったものだと感心した。人体に浸み込むプラスチックがあるのだということをはじめて知った。細い血管にまで選択的に浸み込むプラスチックがあるということだ。確かにすごい技術だと思った。発明した人は大した人物だ。

 ただ150体余りの沢山の人体が、言ってみればあられもなく無残に切り刻まれて様々な標本になっている姿をここまでさらけ出させ、言わば見世物になっているのはいくら本人の検体志願とはいえ、何か治まらない後味の悪い気持ちになった部分がある。そんな風に思う人は少数派でしょうかねぇ?

 主目的の骨密度は同年齢平均の105%、脳年齢は8歳若いということで、そんなに悪くはなかったが、努力の余地はあるみたい。

人気blogランキングへ(ご覧になった方はクリックお願いしますね)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の3台の自転車

 我が家には自転車がなぜか3台ある。そのうち2台は新顔である。

 1台は家内がホーマックで特価9980円で1週間前に買った新品。もう1台は家内の友達の樋口さんが「もう使わないから」ってくれた中古。後1台は昔からの1台。3台もなぜ置いているのか。特に理由はない。あえて言えば、同居家族3人分ということがもっともらしい。しかし、私は自転車にはほとんど乗った実績がない。たまには乗って見るかという程度なのだ。北海道では冬場は雪が積もっていて乗ることはないので、雪のない半年間だけ家内と息子が利用している。P504is06921

← 生き残った自転車

去年も実は3台自転車があった。昨春は雪解けを待って車庫だししてみると、そのうち2台がパンクしていた。随分苦労してタイヤのゴムをはずして、チューブの穴を修理したのも記憶に新しいが、そのうちの1台は今年もまたパンクしていた。もう1台は大丈夫だった。しかし、去年良かった3台目が今年パンクしていた。

 てなわけで、今年もパンク修理を一度はしようかと思ったが、随分使い古したから、 このへんで2台は買い替えようということになっていのだった。ところが、1台新品を買った後、1台をいただいて今年はひとまず自転車プロゼクトは計画達成。

人気blogランキングへ http://blog.with2.net/link.php?488569 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

特製 納豆おじや

 我が家の好物のほとんどが家内の料理である。当然といえば当然かもしれない。永年の創意工夫がそこには込められているので、他人にはなかなかなじめないと思う。私達はおいしいと思っていても他人には決して理解できないに違いない。

 そのひとつが納豆おじやである。子供達が幼児のときに納豆入りのおじやを作ったのが始まりである。多分他の人はその独特の臭いと見かけで遠慮するに違いないと思う。しかし、息子等は大好物である。

 かつおだしたっぷりの醤油出汁に御飯が浸るくらいに入れてコトコトと煮込み、徐に、にんじん、大根白菜等に韮や葱を加えて、煮あがったら納豆をよく混ぜ込んだ後、卵を溶いてさっと混ぜ合わせて火を切って少々蒸らせば出来上がり。簡単である。

 大き目の茶碗に少なめに注ぎ、熱いのをふうふういいながら食べる。うまい。何回もおかわりしてしまう。これはホント癖になる。そして、冷えたおじやもまた格別である。

 実は昨日の夕食は納豆おじやだった。群馬県で独身生活の長男とチャットをしたら「僕も昨日の夕食は納豆おじやを作って食べた」とのこと。

人気blogランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カリスマ山姥

 我が家には山姥(やまんば)が住んでいる。私の家内は山林を我がもののごとく駆け巡ること、もう20年近くにもなる。

 お陰で、春になるとP504is03588アイヌ葱(行者にんにく:写真)、こごみ、ぴょん(小豆菜)、タラの芽、蕗、ウド、もみじ笠、あまどころ、タケノコ等の料理が毎日食卓に上る。そして夏が来るとハスカップ(写真)、グズベリー(カリンズ)等の木の実のジャムで毎日朝食。秋になれば椎茸、ボリボリ(ならたけ)、落葉きのこ等の温かいきのこ汁を毎日すする。ホントありがたいことだ。

 家内はなんとも実に忙しい人である。畑でジャガイモ、ニンニクや各種野菜作りをしながら絵描きや絵画鑑賞もこなしながら漫画゜は根っから大好きだし、友達との昼食会などの交流もちゃんとやっている。しかし、本性は山姥なのだ。季節が来ればうずうずしているのが見ていて分かる。Hasukappu20kazitu

 春から秋までは 毎日、こちらがテレビでどんな番組を見ていようと天気予報の時間だけは確実にチャンネルをNHK  に切り替えなくてはいけない。天気によって、どのテリトリーを目的地(長年つちかってきた秘密の場所が沢山ある)にするかや出発時間等のスケジュールを彼女は瞬時に判断する。そして、彼女の専用の車(RAV4)には道具が整備されている。山の泥を時々降る雨で洗い流す程度の汚い車が山姥の活動を支えているのだ。ガソリン代は彼女の収穫物の売り上げ(彼女の友達の花屋が売ってくれる )で賄っている。

 もう10年ほど前になるが、彼女は乳癌で右の乳房をなくした。しかし10年間再発もなく、誠に元気に朗らかな毎日を彼女が送っていることが何事にも変えがたい私の喜びである。

 今日も彼女は山から帰って゜風呂で汗を流し、体重と脂肪率を計っては大きな声で、「43.5kg、21%」。明日は曇りだが朝から出かけるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

1日2食健康法

1日2食健康法という記事を見つけた。なかなか面白いことが書いてある。

「朝食があなたの体をむしばんでいます。 朝食を抜けば、慢性疲労も花粉症等のアレルギーも治ります。人間の誤った習慣のなかで、最悪のものが朝食です。」

と紹介されている。松井二郎さんという方が1日2食健康法を提案されています。

参考にしてみたいと思っています。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

北海道に20年前に移住してから毎年3月末から7月末まで花粉症に悩まされています。

スギ花粉ではなくイネ科の花粉がアレルゲンみたいです。マイッテマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレルギー性鼻炎がひどい

 アレルゲンが飛び交っているようだ。鼻水が出るし、目も鼻も頭もかゆい。本当につらい。薬を飲んでも今の時期は効き目が悪いので我慢するしかない。

    お得なポイント貯まる!ECナビ  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

何かしないと黄昏る

ココログ、随分前に登録したんですが、すっかりそのままになっていました。

ブログは若い人たちにはお手のみのでしょうが、私なんぞはまるで駄目なんです。

いろいろ丁寧に説明も書いてくれてますが、いろいろと専門用語が飛び交ってていちいち立ち止まって時間ばかりが過ぎていきます。

でも、とにかくやってみることにしました。時々書こうと思います。

今日の成果はここまでです。

これを見た方はいろいろと教えてくださいね。よろしくお願いします。

  お得なポイント貯まる!ECナビ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年7月 »